Googleドキュメントで記事を作成してURLリンクで納品する方法(スマホアプリ)

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイト(外注サイト)で、記事作成などの副業やお小遣い稼ぎをしている人の参考になればと思い、とても便利なツールを使った納品方法をご紹介します。

その便利なツールとはGoogleドキュメントになります。Googleドキュメントで記事を作成して納品すれば、URLリンクを伝えるだけで納品が完了できます。

最近はiPhoneやAndroidのスマートフォンを使用して記事作成などの作業をされるワーカーさんも多い気がします。なので今回はGoogleドキュメントのスマホアプリで記事作成をして、URLリンクで納品する方法を解説したいと思います。

スポンサーリンク

Googleドキュメントアプリで記事作成後、URLリンクでの納品方法

④〜⑥の手順は特定のアカウントと共有する場合のみ行うので、必要ない場合は省略して頂いて大丈夫です。

①アプリ内右上の「・・・」を選択します
②「共有とエクスポート」を選択します
③「リンクの共有」をONにします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
④「ユーザーを追加」を選択する
⑤追加したいユーザーを選択します
⑥リンクをコピーします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
⑦クラウドワークスアプリ上のメッセージでリンクを送信します
⑧「納品する」を選択して完了です

まずは納品したい記事を開きます

①アプリ内右上の「・・・」を選択します

②「共有とエクスポート」を選択します

③「リンクの共有」をONにします
共有をONにすると、下画面に「リンクの共有をオンにしてリンクをコピーしました」と表示され、自動でリンクがコピーされます。

※④〜⑥の手順は特定のアカウントのみと共有する場合のみ必要

④「ユーザーを追加」を選択する
リンクを共有設定にしたくない場合は、指定したアカウントのみ記事を閲覧できるよう「ユーザーを追加」を選択します。
(※クライアントのアカウントを入力する必要があります。)

⑤追加したいユーザーを選択します

画像右上のペンアイコンで追加したユーザーに「編集・コメント・表示」の内どの権限を与えるか選択することができます。

画面右上の紙飛行機のアイコンを選択するとユーザー追加完了です。

その他、「ユーザーを追加」を選択する「リンクの共有」設定でも画面右上の目のアイコンを選択するとリンクの共有相手に対して「閲覧者・閲覧者(コメント可)・編集者」の内どの権限を与えるか選択することができます。

⑥リンクをコピーします
再び「共有とエクスポート」を選択し、「リンクをコピー」を選択し、リンクをコピーします。

⑦クラウドソーシングのサイト上でリンクを送信します
クライアントとのメッセージ画面にてリンクを貼り付け送信します。
(チャットワーク、スカイプ、LINE、その他アプリや、ウェブ上でも同様にリンクを貼り付け、送信することができます。)

⑧「納品する」を選択して完了です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする