西野亮廣「革命のファンファーレ」つまらない内容?評価や評判が悪い?

マルチな活躍を見せる炎上芸人ことキングコングの西野亮廣さん。

現在は「革命のファンファーレ」と呼ばれる単行本を書いています(発売は2017年10月4日予定)。

その「革命のファンファーレ」の評価は良いのでしょうかそれとも悪いのでしょうか?

スポンサーリンク

「革命のファンファーレ」内容がつまらない?

はじめに「革命のファンファーレ」の内容についてですが、内容は「ビジネス書」となっています。

西野さんの実体験をもとに、情報革命が訪れた現代を生き抜く方法、広告戦略など、役立つ知識が盛り込まれています。

西野さんは、クラウドファンディング(ネット上で資金を募りパトロンを探すサイト)で一億円ものお金を集めた事で有名です。

そんな成功を収めた西野さんの裏話を聞きたいならこの一冊。

「革命のファンファーレ」良い評価や評判

客観的な評価は、某大手通信販売サイトのビジネス・経済カテゴリの予約で『ベストセラー1位』になっている事実からも、かなり期待されているようです。

帯コメントも既に公開されていますが、秋元康や、あのホリエモンなど、ビジネス界の著名人が名を連ね絶賛しています。

さらに、10月1日には徹子の部屋で、特番が組まれるなど、広告戦略を謳ったビジネス書ならでは広告の力の入れようです。

まだ全体的な評価は分かりませんが、一部、読んだことのある方は概ね良いと評価しています。

「革命のファンファーレ」悪い評価や評判

絵本「えんとつ町のプペル」で味をしめたのか、また無料公開してやがると、その行為にネット上で怒りの声が上がっています。

実は、この「革命のファンファーレ」は、単行本の最初の部分だけが無料公開という形で公開されています。

発売されている本の試し読みはありますが、発売前の無料公開は普通ありません。

そして、西野さんの掴めないキャラ、性格が悪いイメージが相まって、そこで評価が下がっているようです。

西野さんはアンチも多いので、そのアンチの評価がネット上で幾つか見られます。

また、無料公開をして、その他の部分(講演会など)ではちゃっかり稼ぐ所があるので、文章の内容とは別の所で評価はダウンしています。

「革命のファンファーレ」まとめ

西野亮廣さんの「革命のファンファーレ」の評価は、概ね良くなっています。

もともと、LINEBLOGで質の高い文章を書いていると言われているのが西野さんですので、その文章は人を引き付けるものがあるのでしょう。

また、冒頭部分は先ほど言った通り、無料で公開されていますので、つまらないのか、面白いのかの判断はそちらを見るのもオススメ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする