ビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨取引の売買利益に税金はかかるの?

ビットコイン(Bitcoin)をはじめとした仮想通貨への注目が、ここ数年で一気に高まってきています。

仮想通貨取引では、購入した通貨の価値が上がれば売却時に利益が出ることになりますが、その売買利益には税金がかかるのでしょうか。

これから取引に参加してみようと考えている方に向けて、情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

ビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネット上で取引される電子決済手段のことを指します。

その中でも代表格とされているビットコイン(Bitcoin)は、2009年から取引が開始されました。

他にもイーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)など様々な仮想通貨があり、その種類はどんどん増えてきています。

仮想通貨の最大の特徴は、通貨と同じような機能を持ちながら、従来の通貨とは違ってこれを管理する国家も団体も存在しない、という点にあります。

日本円やアメリカドルなどの通貨はすべて、国家がその価値を保証しているからこそ成り立っています。

しかし仮想通貨にはそれが無いにもかかわらず、不正や消失といったリスクが起こらないような仕組みが確立され、結果として世界中の人々が価値あるものと認めているのです。

仮想通貨取引の方法は?

なぜこれだけ仮想通貨が注目されているかといえば、このところ値上がりが続いており、新たな投資先としての魅力が高まっているからです。

仮想通貨は値上がり幅が非常に大きいことも特徴で、2017年に入ってからもビットコインなどは数倍の価格にまで高騰しています。

それでは、仮想通貨はどのようにして入手すればよいのでしょうか。

基本的には、「取引所」で口座を開設して仮想通貨を購入することになります。

取引所によって扱っている仮想通貨やオプションも異なっています。

仮想通貨の売買利益に税金はかかるの?

実は2017年現在、ビットコインをはじめとする仮想通貨は日本では非課税となっているため、仮想通貨として所持している金額には税金が掛かりません。

しかし、値上がりなどで発生した利益に対しては、日本円に戻す際に課税されると言われています。

9月に出された国税庁の発表によれば、この利益を「雑所得」として課税対象とするとのことでした。

雑所得の税率は収入が大きいほど高くなる累進課税制となっているため、ビットコインなどの高騰で大きな儲けを手にした人は、これからその分高い税金を払う必要に迫られることになりそうです。

いかがでしたか。仮想通貨全体の取引量も増えてきており、法整備も次第に進んできている状況です。

これからビットコインなどに挑戦しようという方は、ぜひ税金のことも頭に入れておいてほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする