乃木坂46【演技力の評価や評判が悪い?】メンバーの芝居の感想まとめ

乃木坂46といえば、AKB48の妹分的存在のアイドルグループですよね。

歌や踊りはもちろん、今では冠番組を持っている国民的アイドルです。

また、お芝居にも精力的に活動をしているメンバーが年々多くなっています。

そんな彼女たちの演技力は評価が高いのでしょうか、それとも悪い評判なのでしょうか。

乃木坂46メンバーの芝居について、感想をまとめてみました。

スポンサーリンク

乃木坂46のグループ名の由来とは?

AKB48を生み出した、秋元康氏が2011年にプロデュースしたアイドルグループです。

そのグループ名の由来は、オーディションを受けた会場の名前なんだとか。

1人1人が勢いを持って進んでくれるように、という事でAKB48より2人少ない46人での結成にしたと秋元氏は語っています。

また、乃木坂46はAKB48グループに対して公式のライバルともされています。

その楽曲なども、光と影のようにまるで一対になるよう、考えられたものが多く作られているのも特徴の一つです。

演技が上手、と評価をされているメンバー

中でも、桜井玲香が筆頭の評判を得ています。

井上小百合、生田絵梨花、伊藤万理華らがその後に並んで評価が高いです。

特に、桜井玲香は、『天使のナイフ』での演技がかなりの高評価。

乃木坂46でもズバ抜けた演技力があり、女優として遜色がない、という感想も見受けられます。

また、普段はポンコツで可愛いのに、芝居となるとちゃんと女優してる!というのに惹きつけられるという評価もあります。

いつもとのギャップがあるだけに、重要な役を演じ切れている所に魅了されているのでしょうか。

演技は下手、と評価されているメンバー

特に多く名前が出てくるのが、残念ながら松村沙友理です。

彼女はアニメ映画『クリオネの灯り』で声優に挑戦したのですが、その演技がひどいと酷評ばかりが目立っています。

これまで中の人は気にしなかったけど、さすがにこれはない。

素人すぎる感じがして、見ていられませんでした、などの感想を抱いた人が多かったようです。

また、乃木坂46の冠番組、『乃木坂工事中』のコーナーの中でもセリフを棒読みにするなど、演技力はちょっと期待できないのかな?というシーンもありました。

まとめ

以上、簡単ですが乃木坂46のメンバーの演技についての評判をまとめてみました。

46人もいるのですから、それぞれ得意・不得意があって、メンバーによって評価が違うのは当たり前。

ですが、AKB48のライバル、影として位置づけられているのなら、彼女たちよりも歌や踊りだけではなく、演技でも競って行って欲しいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする