映画「関ヶ原」つまらない?岡田准一 役所広司 有村架純の演技力の評判

V6岡田准一主演の映画「関ケ原」が8月26日公開されました。

主演キャストは岡田准一をはじめ、役所広司、有村架純と豪華メンバーがそろっています。

つまらない映画だという噂はもありますが本当なのでしょうか?

また演技力の評判はどんな意見が多いのかも調べてみました。

スポンサーリンク

映画「関ヶ原」つまらない?

映画「関ケ原」は現在の観客動員は100万人超えの大ヒットを飛ばしていて、5日にはヒットを記念して舞台挨拶も行なわれています。

公開9日間で興行収入10億円突破は、今後の実写日本映画NO1も期待されているほどです。

内容はタイトルそのまま「関ケ原の戦い」を題材に、「石田三成」を岡田准一が「伊賀の忍び、初芽」を有村架純が、徳川家康を役所広司が演じます。

他にも東出昌大、西岡徳馬、松山ケンイチなど豪華俳優陣が脇を固め演じます。

この豪華俳優陣の人気もあって観客動員100万人超えを早期達成できたのかもしれません。各関係者からは絶賛の声も上がっているようですね。

映画「関ケ原」の評価は?

原田監督の大胆な演出やダイナミックな戦闘シーンに対しての評価は高く、また司馬遼太郎の原作を見事に表現されていると内容でも評価を得ています。

また歴史映画にとどまらず、義を貫く光成の姿やそれぞれの思惑、人間関係の描写がとてもリアリティがあり自分の生き方を振り返えさせられる作品になっています。

「関ケ原の戦い」は石田三成と徳川家康が戦い、家康の勝利に終わるということは多くの方が知っている結末ですが、その結末をわかっていても夢中になれる作品です。

各著名人、新聞各社、また映画を鑑賞した人からの高い評価の声は多いようでした。

映画「関ヶ原」がつまらないという意見

実際に観戦してつまらないと感じた人の意見としては、セリフが聞き取りづらいという声が多くあります。

時代劇ですのである程度の言葉の難しさは仕方がありませんが、セリフが早口、方言が分からないと内容自体の把握も難しく終始内容をつかめないまま終わってしまったという意見もありました。

また実際の「関ケ原の戦い」の知識が全くない場合は、日本史のある程度の知識をつけて鑑賞したほうが楽しめるでしょう。

岡田准一・役所広司・有村架純の演技力の評判は?

徳川家康を演じる役所広司の演技は、今まで数多くの受賞歴からもわかるように折り紙つきです。

今回の映画でもその高い演技力は高評価を得ています。

またジャニーズに所属する岡田准一ですが、彼もまたその演技力の高さには定評があります。

今回の「関ケ原」でも純粋すぎる武将と呼ばれた石田三成を見事に演じ切っていると、更に俳優・岡田准一としての評価は高まりました。

有村架純の体当たりの演技も好感を呼び、豪華俳優陣たちも脇を固め見ごたえのある映画だとの声が多くを占めているようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする