YouTuberヒカルの今後はどうなる?VALUバリューの詐欺罪で逮捕の可能性はある?

人気YouTuberヒカルが8月15日VALUバリューで高騰した仮想株式(VA)を一気に売り、株価を暴落させヒカルのVAを保有していたファンに多くの損害を与えたました。

この一件について詐欺罪に該当するのではないかと多くの批判が上がっています。

YouTuberヒカルの今後の活動の行方は?また詐欺罪で逮捕の可能性はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

【YouTuberヒカル】VALUバリューで詐欺罪?

8月14日「明日一気にバリューで動く!」とヒカルがSNSでの投稿したことが騒動の始まりです。

そこからヒカルのVAは一気に高騰し、翌日ヒカルは保有している自身のVAを売却しています。

それに合わせて同じ所属事務所のYouTuberのラファエル、いっくん(禁断ボーイズ)も自身のVAの売却、VAZの顧問である井川拓哉氏がヒカルらのVAを売却と続きます。

その結果ヒカルのVAは暴落し、多くのヒカルのVAを保有していた人に損害を与えたことはファンへの裏切りではないかと批判が相次ぎました。

また井川氏のヒカルらのVA売却はインサイダー取引に該当するのではないかという声も高まりました。

この騒動を受けて翌日8月16日にヒカル自身がtwitterで自社株買いを表明しますが、炎上が収まることはありませんでした。

【YouTuberヒカル】今後はどうなる?

9月4日にヒカルの所属事務所「VAZ」の代表取締役社長森泰輝氏は、ヒカルの活動休止とNextStageの解散を発表しました。

復帰の予定に関しての回答はありませんでしたが「VAZ」公式HPに寄せられた関西コレクションの振り替えに関しての質問に対して、

振替イベントの開催については現在、場所・時期含め調整を進めております。ヒカル、いっくん(禁断ボーイズ)の復帰の目処が立ち次第、弊社ホームページ/本人のtwitter等でご報告させていただきます。一度ではご参加いただけない場合もあるかと存じますので、複数場所・時期での開催も視野に入れております。

と回答していることからもこのまま引退ということは考えずらいです。

代表取締役社長森泰輝氏もusiness Insider Japanの独占インタビューの中で、YouTuberの活動は続ける予定と発言していることからも復帰の可能性はかなり高いと思われます。

【YouTuberヒカル】逮捕の可能性はある?

株式会社VAZの森泰輝代表はBusiness Insider Japanの独占インタビューで

私たちは法律の専門家に相談し、今回の行為は詐欺にあたらない、法律に抵触していないという結論が出ています。

と回答していることからも、詐欺での逮捕の可能性は低いかもしれません。

しかしヒカルの投稿がきっかけでVAが高騰、翌日にヒカルは高騰した自身のVAを売却、その後株価は暴落し多くの損失を被ったファンがいることは確かです。

ヒカルは売却の翌日には自社株買いをTwitterで発表し実行しているのでそれによってまた儲かった人も確かにいますが、全ての損をした人の救済には至っていません。

また森社長はインタビューの中でヒカルはVA売却によって得た利益は寄付する予定でいて、決して自身の利益のための行為ではなく、自身の影響力や人気を図るための行動だったと聞いていると語っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする