映画「関ヶ原」内容やストーリーをネタバレ!ツイッターの感想や評価ツイートまとめ

V6の岡田准一さん主演の映画「関ヶ原」について、その内容やストーリーをちょっとだけネタバレしたいと思います。

また実際に映画を見た人のツイッターの感想や評価ツイートもまとめてみました!

スポンサーリンク

映画「関ヶ原」内容やストーリーをネタバレ!

「関ヶ原の戦い」、それは日本の歴史でも重要な分岐点となることから「天下分け目の戦い」とも言われている。

その戦いは徳川家康率いる東軍が勝ち、江戸幕府を開きそれまでの戦乱の世を終わらせた。

しかし、この映画では敗れ去った西軍の石田三成に焦点を当て、彼の視点で物語は進んでいく。

秀吉の家臣であった三成は、忠誠を誓いながらも秀吉が治めようとしている天下は利得に動かされていることに疑問を抱く。

それを変えようとするほど純粋な武将であり、そんな彼に突き動かされ、島左近という人物や初芽という女性が従属する。

秀吉亡き後、家康は天下統一を目論み着々と物事を進めていく。そんな家康の振る舞いに対し、三成は憤りを感じていた。

そして、遂に家康は「関ヶ原の戦い」の最大のきっかけとなる上杉討伐に乗り出します。三成らもこれに迎え撃つべく、戦場へ向かいます。

その地は「関ヶ原」。

最後には驚愕の裏切りもあり、どのようにこの戦いを制すのか?

果たしてその行方はいかに…。

映画「関ヶ原」出演者キャストの役柄

石田三成:岡田准一

幼き頃から秀吉に認められ、三成自身も忠誠を誓っていた。忠誠は誓っていても、己の正義を貫こうとするほど非常に純粋な武将。「関ヶ原の戦い」では西軍の中心人物。

徳川家康:役所広司

豊臣政権下では五大老の筆頭として活躍していた。秀吉没後は彼の教えを背き、狡猾な手段で天下統一を目指す。「関ヶ原の戦い」では東軍を率いる大将。

初芽:有村架純

三成の部下であり、腰元。石田家に仕えていくうちに、三成の人間性に惹かれていく。また、三成もいつの間にか初芽への恋心を抱くようになる。

豊臣秀吉:滝藤賢一

天下統一を初めて成し遂げた人物であり、三成が忠誠を誓う人物。

島左近:平岳大

三成の正義感に心酔し、三成より大分年を取っているが忠誠を誓っている。軍師。

小早川秀秋:東出昌大

豊臣家の血筋に生まれる。西軍側として戦うが、家康に騙され三成に対して憎しみを抱いている。

ツイッターの感想・評価ツイート


「関ヶ原の戦い」というストーリーを知っている方が多く、豪華なキャストということもあって、役者さんに対する感想が多かった印象です。


時代感やリアル感を追求した結果、このような感想もあるようですね。(笑)

まとめ

この映画は「関ヶ原の戦い」の勝敗やストーリーを知っていても十分に楽しめる作品だと思います。

勝者の目線で描かれがちな「関ヶ原の戦い」ですが、敗者の石田三成に焦点を当てることで彼自身の人間性や恋愛事情などを知ることができます。

新たな視点で「関ヶ原の戦い」を見られる作品だと思うので、迷われている方には是非おすすめしたい映画だと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする