加藤一二三(ひふみん)の食生活と過去の経歴がヤバい!現在の仕事や収入は?

最近、中学生プロ棋士として藤井聡太君が話題となっていますね。

日本のプロ棋士史上、中学生でプロとなったのは藤井君の他に4人います。

その中の一人で元祖中学生プロ棋士と呼ばれているのが加藤一二三さん、通称ひふみんです。

そんな加藤さんですが、実は凄い過去の経歴をお持ちなんです。

将棋の実力はもちろんのこと、その食生活もヤバいと今話題になっています。

2017年に現役を引退しましたが、そんな彼の現在の仕事や収入についても調べてみました。

スポンサーリンク

加藤一二三(ひふみん)の過去の凄い経歴

加藤さんは中学3年だった1954年にプロ棋士の仲間入りをし、2017年に引退するまで実に63年もの間、プロ棋士として活躍し続けました。

その長い現役生活のおかげで最高齢勝利や、通算対局数勤続現役年数など、今後破られることはないだろう記録を数々打ち立てています。

ちなみに、通算敗戦数も歴代1位の記録を持っています。

通算勝利数でないのが少し残念ですが、長い間プロ棋士として第一線で活動を続けた結果が通算最多敗戦数なので、これもまた偉大な記録だと言えると思います。

加藤一二三(ひふみん)の食生活がやばい!

加藤さんは食生活の面でも最近話題となっています。

プロ棋士の対局は長丁場になるため、対局の間に昼食と夕食を挟むこともしばしばあります。

加藤さんは、その際注文する昼食と夕食を必ず同じものにします。

定番なのは鰻重で、一日にふたつ食べるなんてなかなか考えられないですよね。

夕食にカキフライ定食とチキンカツ定食をふたつ注文したこともあり、なかなかの大食漢ということがわかります。

また甘いものも大好きで、特によく食べるのは板チョコです。

普段の生活はもちろんのこと、対局中でもばりばり板チョコを食べる姿がよく見られました。

コーラなど甘いジュースも大好きで、テレビの生放送で将棋の解説中にゲップをしてしまったというエピソードもあります。

加藤一二三(ひふみん)引退後の仕事と収入

プロ棋士として活躍し続けた加藤さんも2017年に引退を迎えました。

でも引退後の彼はその独特なキャラクターでテレビ出演が増えています。

実は芸能プロダクションの渡辺エンターテイメント所属の芸能人なんですね。

そんな彼は現在、将棋の解説者やバラエティ番組などで活躍しています。

記事の冒頭で最近の中学生プロ棋士の藤井君に触れましたが、藤井君のプロデビューの相手が実は加藤さん。

新旧中学生プロ棋士として話題を呼んだ対局でしたが加藤さんは残念ながら敗れてしまいました。

しかし、その縁もあってか、藤井君のことを語ることに関しては自分が適任だという謎の自負を持っています。

そのような面白いキャラクターだからこそ、テレビ番組にたくさん出演しているのかもしれませんね。

そんな彼の収入について、2017年7月2日公開の東スポWEBでは、年収1億円以上と推定していますが、本人はこれを否定しています。

しかし、多くのテレビ番組出演や、仙台白百合女子大学の客員教授を務めるなど、引退後はマルチな活躍を見せているため、本当に年収が1億円を突破する日も近いかもしれません。

今後の加藤さんの活躍に注目しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする