バイリンガルの子育てに絶対失敗しない方法!英語育児に成功した親の共通点は何?

日本語と英語など、2つの言語を流暢に操ることができるバイリンガルに、自分の子どもを育てたいと願う親が増えているようです。

我が子にバイリンガルになってもらうための子育ては難しいといわれますが、絶対失敗しない方法があればぜひ知りたいですよね。

英語育児に成功した親の共通点は何なのか、探ってみましょう。

スポンサーリンク

バイリンガルの子育ての失敗例は?

例えば日本語と英語のバイリンガルの子どもを育てると考えたときに、一番心配なのは「日本語も英語も中途半端にしか話せなくなってしまったらどうしよう・・・」ということだと思います。

特に日本で生活していくのであれば、日本語が上達しないと子どもが学校の勉強についていけなかったり、クラスでいじめにあったりしてしまうのではないかという不安もあるでしょう。

またよくある失敗としては、日本にいると日常生活で英語を使う機会がほとんどないため、子どもがせっかく覚えた英語を忘れてしまった、ということがあるようです。

バイリンガルの子育てに絶対失敗しない方法

それでは、どうすればそんな失敗を避けることができるのでしょうか。おすすめの方法は、「1人1言語の法則」に従って教育することです。

どうするかといえば、両親のうち片方は日本語で、もう片方は英語で子どもとコミュニケーションを取ると決めて、どんな場面でもその言語で会話するのです。

こうすることで、家庭での両言語の使用機会を確保することができるだけでなく、各言語が1人ずつに関連付けられて子どもの頭に入るので学習効果も高くなると言われています。

英語育児に成功した親の共通点は何?

バイリンガル育児が上手くいっている家庭で重視されているのは、まず親自身が英語を使い続け、子どもにその姿勢を一貫して見せることです。

人前で英語で話すことを親が恥ずかしがっている場合ではありませんよね。

また、小学校などで友だちが日本語しか話さない環境にいると、本人が英語を話したがらなくなることがあります。

しかしその時に、英語を無理に使わせたり叱ったりするのは効果的ではないようです。

成功した親はむしろ、子どもが英語に接することのできる環境を用意してあげて、インプットを増やすように心掛けるとのことです。

いかがでしたか。バイリンガルの子どもに育ってほしいと願うなら、親にもしっかり言語と向き合う覚悟が必要ということですね。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする