映画あさひなぐ面白い?続編は?どんな意味?ちはやふるに似てる?

映画「あさひなぐ」は原作が薙刀(なぎなた)を題材にした漫画になります。

薙刀(なぎなた)・・・槍のような長い柄に、刀のような長い刃を持つ日本の武器。

キャストに乃木坂46のメンバーが多くいますがこの映画は面白いのでしょうか?

・映画「あさひなぐ」続編の話はあるのか?

・「あさひなぐ」という言葉の意味とは?

・よく比べられる「ちはやふる」にそっくり似てるのか?

についても調べた事をまとめてみました。

スポンサーリンク

映画「あさひなぐ」は面白いのか?

まだ映画は公開されていませんので、面白いかどうかは予想するしかありませんが、

公式ページにある予告動画を見た限りでは、私は面白そうな映画だと思いました。

某掲示板などでのコメントを見ると、

「ただのアイドル映画になってしまうんじゃないか?」などの、心配する声も見られます。

それから、情報を集めていてとても気になったことがあります。

映画「あさひなぐ」はここ連日ヤフーニュースでも取り上げられているのですが、そのコメントが異常に少ないということです。

まだ売り出し始めたばかりなのかもしれませんが、

映画が面白いかどうかよりも、観に行く人がどれだけいるのかが心配になってしまいました。

公開まではまだ一か月以上ありますけどね。(公開は9月22日)

「あさひなぐ」の意味は?映画の続編はあるの?

「あさひなぐ」の言葉の意味ですが、

まず主人公は東島旭(とうじま あさひ)という女の子で名前があさひちゃんです。

そして物語の題材は薙刀(なぎなた)で、薙ぐ刀という意味の武器です。

薙ぐ(なぐ)・・・横に打ち払って切る、または倒す。

あさひちゃんが薙ぐ→「あさひなぐ」ということらしいです。

なんとなく颯爽とした感じがする言葉ですね。

映画の続編があるかどうかについては、いまのところはまだ具体的な話は出ていないらしく、噂にもなっていないようでした。

映画がヒットして十分な興業収入が出れば、きっと続編の話も出てくるでしょう。

「あさひなぐ」「ちはやふる」そっくり似てる?

「ちはやふる」は競技かるた、「あさひなぐ」は薙刀と違いはありますが、高校生の部活動という点や、主人公が女の子という点も同じです。

また、失礼なことを言うようですが、競技かるたも薙刀もマイナーという点ではそっくり似ていると言えますね。

ただ、話の流れやストーリーはもちろん違いますし、原作者が伝えたいと思っているテーマのようなものも違うと思います。

「あさひなぐ」と「ちはやふる」がそっくり似ているのは設定の一部分だけだと思いますね。

映画「あさひなぐ」はヒットする?

「あさひなぐ」には舞台もあり、そちらには乃木坂46の別のメンバーが出演しています。

舞台公演はすでに終了しており、

ネット上にはレビューなども見られるのですが、いくつか(10件ほど)読んでみました。

そのどれもこれもが乃木坂46のファンが書いたものだと思えるものでした。

ヤフーニュースのコメント欄の件と合わせて考えてみると、乃木坂46のファンの方しか興味がないのではないでしょうか?

もしそうだとすると、映画あさひなぐがヒットするかどうかは、乃木坂46の人気次第ということになるでしょうね。

乃木坂46の人気はかなりのものだと思いますから、ヒットする可能性は十分あると思います。

でも、ファンはメンバーを見たくて行くのであって、映画を純粋に楽しむためではないような気が・・・。

予告動画では面白そうな映画だと思えたのですが、なんだかもったいない気がしますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする