バイリンガル子育て失敗理由!英語育児の弊害と危険性、原因と対策は?

バイリンガルの子供を育てることが難しいという話を聞いたことがありますか?

たとえ国際結婚した家庭であっても、バイリンガルの子育ては難しくて失敗することが多いそうです。

ここではその失敗する理由と英語育児の弊害と危険性、原因と対策についてまとめました。

スポンサーリンク

バイリンガルの子育てが失敗する理由とは?

ここでは日本で暮らす家庭の子供に英語を習得させてバイリンガルにするという例で話していきます。

子供が日本人であるか英国人であるかは関係ありません。

日本語は特に教えなくても子供は自然と覚えていきます。

でもマイノリティー言語(住んでいる土地の言葉ではない言語)である英語は、

以下にあげる理由により習得させることが非常に難しいそうです。

・触れる機会が少ない

・必要性を感じない

・楽しめていない

・周囲と同じになりたいと思うから

他にも教育する側の視点から、「使うべき時と場所が明確に決まっていない」とか、「言語というのはそもそも教えたり勉強するものではなく、生活の中で自然と入ってくるもの」などがありました。

英語育児による弊害と危険性について

「バイリンガル」は二か国語を話す人、一カ国語のみを話す人を「モノリンガル」と言いますが、他に「セミリンガル」という言葉があります。

「セミリンガル」とは【どちらの言語も中途半端な状態】のことで、

母語が確立されていない状態】と言いかえることが出来ます。

バイリンガル教育は子供に英語教育をほどこし、将来は二か国語を操るバイリンガルに育てることが目的でしょう。

しかし、英語育児の弊害により子供が「セミリンガル」になってしまう危険性があります。

セミリンガルになってしまった子供は、言語だけでなく他の教育にも様々な悪影響を受けてしまうそうです。

セミリンガルになってしまう原因とその対策

子供がセミリンガルになってしまいやすい原因として、「母国語の発達が妨げられる」というのがあります。

強引な英語教育を受けさせようとするのは、その危険性が高いということになります。

また、母語が少数派の環境にいるような場合も、多数派の言語に飲み込まれるような形になり、母国語の発達が妨げられることにつながってしまい危険なようです。

ですから、子供がセミリンガルにならないようにするための対策は、まずは母語である日本語をしっかりと学ばせることが重要だということです。

強引に英語を教えようとしたり、無理やりに習得させようと英語圏で生活させたりするのは、弊害や危険性のほうが高いからやめたほうが良いということですね。

自分の国の言葉がまだよくわからないうちに、他の国の言葉も覚えるなんて、よっぽどの天才児じゃないと混乱しそうですよね。

自分の子供にバイリンガル教育をほどこすならば、自己流の教育などはせずに専門家に任せたほうが安全だと思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする