マックスむらい 現在オワコン化で人気低迷の理由!過去の原因まとめ

マックスむらい(村井智建)さんと言えば、株式会社App Bankの創業者で、パズドラやモンストのゲーム動画で有名になったユーチューバーです。

現在はすっかり人気が低迷しており、すでにオワコン化しているとの噂が流れています。

そうなってしまった理由と、原因となる過去の事件についてまとめてみました。

スポンサーリンク

マックスむらい人気低迷の理由

マックスむらいさんのyoutubeチャンネルの登録数は140万を超えています。

最近アップした動画の再生数を見てみると、2万~5万のものが多く見られます。

登録者が140万人もいるはずなのに、そのうちの2万しかその動画を観ていないということは、チャンネルから離れていった人が大勢いると考えていいでしょう。

中には10万を超える動画などもあるのですが、その動画の数はパッと見た限りでは少ないです。

これらの理由から考えて、全盛期と比べるとかなり人気が低迷しているのは確かなようです。

現在のオワコン化はゲーム自体の人気が原因?

マックスむらいさんが人気を博したのは、超人気ゲームであるパズドラのゲーム動画です。

パズドラそのものの人気が低下するとともにコンテンツの人気も下がり、現在ではもうすでにオワコン化していると噂されています。

ネット上で情報を集めてみると、

「マックスむらいさん自身の人気はほとんどなく、ゲームの人気に乗っかっていた」

という分析をしている人が多いようですね。

人気ゲームに便乗したが、けっして本人が面白いというわけでもない。

また、最近の動画には覇気というかやる気が感じられないという視聴者の方も多くいるようです。

オワコン化の原因となる過去まとめ

ゲーム自体の人気低迷の他にも、「これがオワコン化の原因なのではないか?」と言われているような過去の事件などがあります。

・自社の社員に1億3500万を横領される

・ゲームキャラのイラストを公の場で食い破り、絵師がブチ切れる

・別の会社が制作したアイフォンケースがAppBankに盗用されたとして炎上。

・過去に一緒に動画に出演していた人が出てこなくなる

・人気ユーチューバーで友人でもあるシバタ―さんへの対応

・モンストニュースをクビになる

他にも細かい炎上騒動などがあるようですが、意図的に狙ってやっている場合があるにしても、ちょっと騒がしい人物のようですね。

人気低迷の最大の原因は【反動】

人気低迷の最大の原因は、注目を大きく集めていた反動なのではないかと思います。

先ほど人気ゲームに乗っかったと書きましたが、マックスむらいさんはパズドラやモンストを有名にした立役者だという人もいます。

当時はまさに飛ぶ鳥を落とす勢いでしたが、横領などのマイナスイメージが出たとたんに大きな反動を受けてしまったんだと思います。

人気は急降下、SNSなどの炎上、自分だけでなく周囲にも飛び火して離れていく人もいたようです。

大きく注目されていたからこその反動なので、仕方がなかったような部分もあるのではないかと個人的には思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする