【バイリンガルの子育て実際の失敗例まとめ】英語育児おすすめの教材や教育方法は?

今、世界では母国語と英語の2言語は必要な時代になってきています。

そこで、自分の子供がバイリンガルになってほしいという親御さんが増えています。

しかし、実際にバイリンガルで子育てを行った結果、失敗をしたという人が結構いるのです。

バイリンガルの子育てで、実際に行った人の失敗例のまとめと、合わせて英語育児で失敗しないためのおすすめの教材や教育方法を紹介します。

スポンサーリンク

バイリンガルの子育て【実際の失敗例まとめ】

バイリンガルの子育てでよく聞くのが「英語を学ぶのは早ければ早いほどいい」という話です。

そこで実際に日本語もまだよく理解できていない0歳のうちから英語を学ばせる人がいます。

確かに小さなころから英語に親しむのはよいのですが、あまりやりすぎると英語も日本語も苦手になってしまう子もいるようです。

他にも、小さいころから英語を学び、そのころは英語がペラペラだったのに、早く学びすぎて習うのをやめてからすぐに忘れて苦手になったという人も少なくないようです。

テレビなどを見ていると、よくバイリンガルで成功した人の特集などをしていますが、実は意外と失敗談も多いんです。

その為、バイリンガルの子育てを考えた場合、どのような教育をすればいいのかよく考える必要があります。

英語育児でおすすめの教材や教育方法とは?

では、英語育児をする場合にはどのように教育していけばいいのか、どのような教材が良いのかを見ていきます。

まず、小さなころからバイリンガルの子育てをする場合、日本語も英語も同じくらいしっかりと教える必要があります。

例えば、成功例としてパパが英語担当・ママが日本語担当で会話をしていたという方法があります。

もちろん勉強や読み聞かせもどちらも同じくらいの量にするとよいようですよ。

そして、今バイリンガルの子育てで人気のある教材といえば、

・Worldwide kids

・こどもちゃれんじEnglish

・ディズニーの英語システム

どれも子供が楽しんで英語を学べるようにCDやDVDなどで構成されています。

ただ、どれがお子さんに合うかというのは実際に体験させてみないとわからないので、まずは無料で資料請求をしてみるのも一つの方法ですよ。

バイリンガルの子育てに対する私の考え

今、日本も国際化が進み、英語が堪能な人は社会に出るときにもメリットは大きいですよね。

しかし、バイリンガルの子育てをする家庭の中には、両親が英語が苦手なので子供には不便な思いをさせないために行っているところもあるようです。

もちろんお子さんが楽しんで学んでくれていればいいのですが、小さいうちから無理に教育するのは可愛そうな気もしなくもありません。

出来れば、小さなうちから楽しく英語を学んで、自然と英語が身につくように教育出来るのが親にとってもお子さんにとってもよいことなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする