【マックスむらい・シバター】関係悪化の原因は何?過去の経緯と真相まとめ

人気youtuberのマックスむらいさんとシバターさんの関係が悪化していることが、ネット上で話題となっています。

いったいそのような事態になってしまった原因は何なのでしょうか。

2人の関係悪化について過去の経緯とその真相についてまとめました。

スポンサーリンク

マックスむらいとシバターはどんな人?

2人とも、youtubeに数多くの動画を投稿して人気を得ている、いわゆる「大物youtuber」と呼ばれる人物です。

マックスむらいさんは株式会社AppBankの役員で、スマホゲーム「パズドラ」の攻略動画で一気に有名になりました。

自身のチャンネル登録者は145万人以上(2017年8月9日時点)、youtubeの公式CMで見たことがある方も多いと思います。

一方のシバターさんはプロレスラーでもあり、世間の話題に対して歯に衣着せぬ自分の意見をぶつけていくのが売りです。

「物申す系」とも呼ばれるタイプの動画が人気を集めていて、こちらのチャンネル登録者は71万人強(同上)となっています。

マックスむらいとシバターの関係と過去の経緯は?

もともと2人は一緒に食事に行くなど交流があったようです。

関係悪化が明らかになったのは、シバターさんが自身のチャンネル登録者50万人突破記念として、2017年2月1日の生配信番組でマックスむらいさんに直接電話を掛けた時点にさかのぼります。

しかしこのときマックスむらいさんは、「私は、あなたにされたことを忘れていませんよ」という怒りの混じったコメントを残しました。

その後、シバターさんがその発言をもじってマックスむらいさんを小馬鹿にしたような動画を投稿しました。

それに対しマックスむらいさんも自身の動画のコメント欄で「そろそろあかんかなぁ」と制裁を匂わせる発言をするなど、お互い牽制しあう状況となっていました。

関係悪化の原因は何?真相まとめ

8月7日に新たな動画が公開され、マックスむらいさんがシバターさんとの関係を語りました。

それによると、AppBankの元社員が横領事件を起こした際にシバターさんからマックスむらいさんを心配する連絡があって、「今は大変なときだから黙っていてくれ」と伝えたにもかかわらず、シバターさんが横領に関するデマを動画で流したというのです。

さらにはシバターさんから「商売だからごめんね」とのメッセージが来たため絶縁することにした、ということでした。

これに対してシバターさん側からも同じ日に、こうした事実はすべてウソだとする反論動画が出されました。

「どちらを信じるかは視聴者に任せる」と述べており、真相に関して未だに決着はついていないようです。

いかがでしたか。マックスむらいさんとシバターさん、果たしてどちらが本当のことを語っているのでしょうか。

また新たな動画は発表されるのでしょうか。続報が待たれます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする