松居一代【SNS戦略の計画】松居劇場の今後の展開と結末を予想

松居一代さんがYouTubeに動画をアップしたり、SNS戦略の計画を始めてからもうずいぶん経ちましたよね。

定期的にアップされるYouTube動画に毎日のように更新されるSNS。

終わりの見えない松居劇場に、一般人もマスコミも振り回されているように見えます。

そんな松居劇場の気になる今後の展開と結末を私なりに勝手に予想して見ました。

スポンサーリンク

松居一代さんのSNS戦略の計画は誰が立てているの?

松居一代さんの動画やブログが知識のある人から見ると、とても良くできているという(内容ではなく構成が)という事が噂になっていますよね。

人の気を引くようなSNSやYouTube動画。

これはいったい誰が計画をしているのでしょうか?

最初はあまりの完成度の高さに「チーム松居」の誰かがと私は思い込んでいました。

しかし、YouTubeの場合は最近でのブログ内容で分かる通り、構成にも松居一代さん自身がかかわっているようです。

さらに、元々自分の商品を買ってくれた人向けに作った動画も自分で作成していたという事がブログで明かされていました。

松居一代さんは製品作りや投資だけではなく、動画やブログでもたぐいまれなる才能を発揮しているという事がわかります。

松居一代劇場の今後の展開はどうなっていくの?

長きにわたって続いている松居一代劇場ですが、中にはもう「ニュースを見るのも苦痛」という人も出ていて、松居一代さんにかかわるニュースが始まると途端にチャンネルを変えるという人も多くいます。

そんな松居一代劇場ですが、今後の展開はどのようになっていくのでしょうか?

今までどのようなことを言われても沈黙を守り続けていた船越英一郎さん側も、ついに事務所である「ホリプロ」が動きを見せましたよね。

このことで、最終的には松居一代さんはホリプロ側から出された民事訴訟請求で負ける可能性が高いと言われています。

ただ、たとえ民事訴訟に負けても支払いはせいぜい数百万円程度。

はっきり言ってこの金額は今の松居一代さんにはあまり痛手にならないようです。

松居一代さんが求めるのは、あくまで船越英一郎さんに謝罪をさせることですから、民事訴訟の先どのように動くかというのははっきりとみることは難しい様です。

松居一代さんの結末を予想

松居一代さんは、今までSNSやYouTubeで船越さんをはじめ多くの人のあることないことすべて暴露し辱めるような発言や訴えを続けています。

今は、ホリプロの民事訴訟のみの動きとなっており、当事者である船越英一郎さん自身の動きは見えていません。

ただ、精神的に参っているのか、最近激ヤセしたという話が出ています。

そこまで様々な媒体を利用して一個人に対して一見攻撃とも見える情報を流しているわけですから、今後刑事訴訟になることも十分に考えられます。

もちろんそこで証拠隠滅などが発覚すれば、最終的には逮捕される可能性も考えられます。

一部では「統合失調症」とも言われている松居一代さんですが、ブログでは何度も「自分は冷静」と話しています。

その為、責任能力も十分にあり、犯罪者としてあげられることも十分にあり得るのではないでしょうか?

ホリプロの訴えは松居一代さんには想定内?

今まで松居一代さんの動画投稿やSNSなどで執拗な訴えを続けてきましたよね。

しかし、しばらくは船越英一郎さん側の動きは全くありませんでした。

でも、ここで初めて船越英一郎さんの所属している「ホリプロ」が初めて法的措置を取ってきました。

理由は、名誉毀損・業務妨害などとなっています。

ただ、話によってはこのホリプロの訴訟を起こすことも松居一代さんにとっては想定内だったのではないかという話があるのです。

訴訟になることでさらに船越英一郎さんとホリプロのイメージダウンの狙いがあるのだと。

もしそうだとしたら、松居一代さんは本当にこの「松居劇場」を起こすために周到な準備をしてきたという事がわかります。

私なりの感想

すでに1か月以上続いている松居劇場。

ニュース番組では連日のようにアップされるブログやYouTubeの内容を公表し様々な憶測がされていますよね。

確かにマスコミにとっては松居劇場は格好のネタなのかもしれません。

しかし、中には松居劇場を見るのも聞くのもうんざりという人も少なくありません。

松居一代さんは、自身や夫が芸能人という事を利用し、旦那の不倫を公にしているだけだと思います。

本当に夫である船越英一郎さんに失望したのであれば、このような事をせずに離婚をしてしまえばいいだけの話だと思ってしまうのです。

出来れば、どのような形でもよいので少しでも早くこの「松居劇場」が幕引きされることを願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする