【自分で庭木の手入れ】チェーンソーの種類と価格の相場、選び方

ホラー映画のジェイソンの武器でお馴染み のチェーンソー。あれは人を切るものではなく木を切る為のものです!

そんなチェーンソーには色々と種類があります。今回は用途にあったチェーンソーの選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

【自分で庭木の手入れ】おすすめのチェーンソー

自分で庭木の手入れをするなら排気量25cc程度の片手で持てるくらいの大きさのトップハンドルチェーンソーというものがオススメです。

このチェーンソーは本来、木の上に登って切る空師やアーボリストの為のチェーンソーです。しかし、庭先で使うくらいならこれくらいのほうが断然手入れが楽です。

個人的に山で木を切ってみたい人は

排気量30cc程度のチェーンソーがオススメです。

実はこのクラスのチェーンソーは、プロの方でも好んで使っています。比較的軽量なので、山の中での取り回しが楽なのです。

大きな木を切るために

排気量40ccから50cc程度のチェーンソーがパワー的にも合っています。ただし重量が6kgや7kgもあるので、山の中でたくさんの木を切るには向いていません。

ここぞという時に使う切り札チェーンソーとして、プロの方が所有していることが多いです。

排気量以外に大事なこと

チェーンソーで一番大事なことは、木を切る刃の部分が綺麗に研がれているかです。

丸い棒の鉄ヤスリを使って研磨するのですが、刃が切れるように研ぐためにはかなりの熟練が必要です。

林業業界ではチェーンソーの刃を研ぐことを目立てと言い、目立てが一流になれば木を倒す技術も一流と言われる程、大事な技術です。

排気量が高いチェーンソーを使っていても、刃が研げていなければ全く切れません。

チェーンソーの価格の相場は?

チェーンソーは高価な道具です。特に電源式ではなく、ガソリンエンジン式のチェーンソーで50ccクラスになると10万円を超えてくる商品もあります。

やはり専門的な道具なので、需要が高くないことが高価な原因でしょう。

近年登場してきた安価チェーンソー

前述の通りチェーンソーは高価な道具です。しかし近年、インターネットショップに中国製のチェーンソーが登場しているのです。

50ccクラスのチェーンソーで1万円から2万円という驚きの価格です。

チェーンソーの種類

チェーンソーは木を切る道具、だけではありません。他にも色々なものを切ることが出来ます。

例えば竹を切る専用のチェーンソーもあります。もっと凄いのは、コンクリートを切るチェーンソーがあります。

これは災害救助用として開発されたもので、一般の人が使うことはあまり無いでしょう。木を切るチェーンソーでも、チェーンソーアート専用だったり、高枝式チェーンソーもあります。

チェーンソーと言っても一言では表せません。いろんなチェーンソーがあるので用途にあったものを選びましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする