【林業収入の確定申告】山林所得の税率はどのくらい?経費計上できるものは? 

山でお金を儲けたら確定申告をしないといけません。でも雑所得として申告するのは少し待ってください!

もしかしたら山林所得として申告出来るかもしれません。今回は山林所得の対象とお得な税率、経費計上できるものをご紹介します。

スポンサーリンク

【林業収入の確定申告】山林所得とは何か?

山林所得とは山の木を切って売った収入から、かかった費用を差し引いて、特別控除の50万円を引いた金額を指します。

ただし山を土地ごと売った収入は山林所得としては認められませんし、山林を取得してから5年以内の所得も山林所得にはなりません。

山林所得のメリットとは?

特別控除が50万円あるので、50万円までは非課税になります。もうひとつのメリットは特殊な税金計算方法によって、税金が雑所得より安く済みます。

山林所得が100万円ある場合は、100万円に0.2(1/5)をかけて、所得税率をかけます。この場合は5%をかけてから5をかけると山林所得の税金が算出されます。

山林所得100万円の税金は5万円ですね。雑所得100万円の税金は15万円なので、かなりお得ですよね。この特殊な税金計算方法は5分5乗方式といいます。

経費計上してよい費用は?

山林所得を計算する為に計上出来る必要経費には何があるのかご紹介しましょう。

まずは木を植付ける為の費用、次に木が成長するまでの手入れをした費用、維持管理の費用、そして木を切り出す費用や市場の仲介手数料が必要経費として計上出来るものになります。

【林業収入の確定申告】経費には特例がある

木というものは、成長する為に長い年月と多額の費用を要するものです。

そんな山林の木を売っても、経費計上出来るのは切り出した年の伐採費用のみっていうのは、納得いかないですよね?

その為、山林所得には特例措置が設けられています。

木を切り出した年の15年前の12月31日より前から山林を所有し続けていた場合、収入金額から伐採費用を差し引いた金額の50%に、伐採費用を加えた金額を必要経費とすることができるのです。

つまり、1000万円の材売上収入から伐採費用200万円を差し引いた800万円の50%の400万円を必要経費に出来るわけです。

まとめると材売上収入1000万円-伐採費用200万円-特例伐採費用400万円-特別控除50万円の課税対象額350万円に5分5乗方式で税金を算出することになります。

雑所得や事業所得では、この格安税金はなし得ません。山林所得に該当するのであれば必ず確定申告をおこなったほうが、お得なんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする