辛い不眠症を治すのに効果的!簡単に実践できる5つの有効な改善方法

疲れているはずなのになかなか眠れない、焦れば焦るほどますます目が冴えてしまう…。

不眠症って本当に辛いし、すぐにでも治したいですよね。

そんな方に不眠症に効果的で、今すぐ簡単に実践できる5つの有効な改善方法をご紹介します。

スポンサーリンク

【不眠症 改善方法①】朝日を浴びる

体内時計のリズムを整えるには、朝、太陽の光をたっぷり浴びることが大切です

朝起きるのが苦手な方はベッドを窓際に置いてカーテンを開けて眠ると、翌朝太陽の光で自然に目を覚ますことができます。

これは実際に不眠症の治療でも応用されている効果的な方法ですので、是非試してみて下さい。

【不眠症 改善方法②】夕食にレタスサラダを食べる

レタスが、19世紀頃まで乾燥粉末にして鎮静剤として利用されていたのをご存知でしょうか?

レタスには、ポリフェノールの一種であるラクチュコピクリンという成分が含まれています。

ラクチュコピクリンには鎮静作用と睡眠促進作用があるため、レタスを食べることでリラックスする効果があるのです。

夕食にレタスサラダを食べたり、多めに食べたい方はサッと湯にくぐらせてポン酢で食べるとカサが減ってたくさん食べられます。

是非毎日の夕食に取り入れてみて下さいね。

【不眠症 改善方法③】体を温める飲み物を飲む

レタスに合わせて是非取り入れたいのが体を温める飲み物です。

ホットミルクにはリラックス効果があるとされていますが、アルコールに弱くない方ならほんの少しブランデーを垂らしてみるとさらにホッとできます。

ハーブティーなどもいいですね。

ただし、コーヒーや紅茶、緑茶にはカフェインが含まれているため、摂取するとさらに目が覚めてしまう可能性があります。

リラックスしたいなら、ノンカフェインの飲み物を選ぶようにしましょう。

【不眠症 改善方法④】気持ちを紙に書き出す

ベッドに入ってから眠れない時間というのは、その日あった嫌な出来事や悩み事などをついモヤモヤと考えてしまいがちです。

そんな時は自分の気持ちを紙に書き出してみると、自然と気持ちがスッキリしてくるものです。

気持ちを文章にすることで感情を客観的に捉えて整理することもできますので、考え過ぎて眠れなくなるタイプの方にもオススメです。

日記をつけることを習慣にしてもいいですね。

【不眠症 改善方法⑤】軽く運動する

寝る前に散歩やジョギングなど軽い運動をするのも効果的です。

疲れているのに頭ばかりが冴えてしまう時などは、体を動かすことでリフレッシュできるのでその後ぐっすり眠ることができます。

ただし、暗い道や人通りの少ない場所は避け安全な所を選ぶようにして下さいね。

まとめ

いかがでしたか?

不眠症は辛いものですが、少しの工夫で改善できることがたくさんあります。

なるべく薬などには頼らずにぐっすり眠れる方法を実行していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする