2018年現在、東南アジアで物価が一番安い国はどこ?日本人におすすめの旅行先は?

これから東南アジアで旅行を考えている方、行き先に悩んでいる方!せっかく楽しむなら物価が安く日本人にオススメの場所へ行きたくありませんか?

初めて海外旅行を計画している方にとって身近で行きやすいのが、東南アジアだと思います。

でも東南アジアの情報が分からない、そんな方も多いのではないでしょうか?

ここでは安心して旅行が楽しめるように物価の情報や日本人におすすめな旅行先をご紹介していきます。事前準備として参考にして頂ければ光栄です。

スポンサーリンク

2018年現在、東南アジアで物価が一番安いの国はどこ?

せっかく旅行を考えているのであれば少しでも物価が安いところで楽しみたいですよね!

日本から飛行機で6時間の東南アジア、その中で一番物価が安くて治安が良く、旅行におすすめな国はどこだと思いますか?

その国は、「微笑みの国」と呼ばれています。

もうわかりましたよね?東南アジアで物価が一番安いのはタイと言われています。

お洒落なカフェやショッピングセンターも多く存在し、女性にもとても人気があります。安くて美容に力を入れたい女子にはとっておきの場所ではないでしょうか!

タイの通貨はバーツです。2018年9月現在、1バーツ=約3.4円。

  • ペットボトルの飲料水が7バーツ程(約23円)
  • 屋台やフードコートは50バーツ程(170円)

日本の半額以下ですね。

ホテルも世界的なラグジュアリーホテルを除けば、5つ星の高級ホテルに3,000~7,000バーツ(約10,000~25,000円)で宿泊できるので、安い料金でリッチに旅行が楽しめます。

日本人におすすめの旅行先、タイは魅力的な観光地?

タイは仏教の国で、仏教に纏わる歴史的建造物がたくさんあります。中でも有名なのが「涅槃寺ワットポー」全長46m、高さ15mの涅槃仏は圧巻です。

他にも暁の寺や王宮も見応えのある建造物がありますが、建造物以外にも近年続々とオープンする大型ショッピングモールや日本では見られない水上マーケットなどもあります。

また「アンダマン海の真珠」と言われる美しい海に囲まれたプーケット島等、見どころ満載でショッピングも楽しめる魅力的な観光地が盛りだくさんです。

タイの治安について「昼間なら女性1人でも大丈夫!?」

タイの治安は日本より悪いですが犯罪事態は軽犯罪が多く、窃盗やスリ・詐欺等、注意して行動すれば巻き込まれることは少ない犯罪がほとんどです。

派手な格好をせず荷物は少なくして前にしっかりと持ち、夜に出歩かないようにすればかなり犯罪に巻き込まれにくくなります。

しかし、どんなに注意していても巻き込まれてしまうのは車の事故。巻き込まれた時のために海外旅行保険に入っておくと万が一の時も安心です。

東南アジアへの旅行で、これだけは気をつけたい注意点!

東南アジアへ旅行する際にこれだけは注意した方が良い部分がありますのでご紹介していきます。

①香辛料が強い食べ物が多く胃を荒らすことがある!?

現地の人は毎日食べている為何も問題はありません。せっかく旅行に来たのだから現地の食べ物をと考えがちですが、現地の食べ物ばかりでは無く、日頃の食べ慣れているものも食べるよにしましょう。

②東南アジアの国の水道水は飲んではいけない!?

これは必ず守った方が良いです!飲むとお腹を壊すと言われていますので必ずミネラルウォーターを購入して水分を補給しましょう。

③スラム街には絶対に近づいてはいけない!?

これは海外旅行をする上での基本となります。

これらは最低限の知っておいた方が良い情報です。せっかくの楽しい旅行を楽しむ為にも必要最低限の情報を確認してから旅行を満喫しましょう!

きっと楽しい思い出の1ページに刻まれる事でしょう!これから旅行を計画している人は楽しんで行ってきてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする