ChatWorkチャットワークで動画や画像ファイルの送信・納品方法

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイト(外注サイト)で動画や画像などのファイルを納品する時に困ったことはありませんか?

私はクラウドワークスをよく利用しているのですが、サイト内のメッセージ機能でファイルを添付して送信することもできます。

しかし、特に動画などのファイルサイズ(容量)の大きいものは送信する事ができないので納品時には困ってしまいます。

ちなみにクラウドワークスでは100MBまでのファイルしか送ることができません。動画になるとサイズ的に少し厳しいですよね。

そんな時に便利なのが、ChatWork(チャットワーク)なんです。

また納品方法をChatWork(チャットワーク)に指定しているお仕事もあるので、ChatWork(チャットワーク)を使った動画や画像ファイルの送信(納品方法)について解説したいと思います。

最近はスマートフォンを使用してお仕事をされる方も多いので、今回はスマホアプリの画面で手順を説明させて頂きます。

スポンサーリンク

チャットワークで動画や画像を納品する方法

①コンタクトを選択・追加します
②チャット画面を開きます
③チャット画面右下の「+」ボタンを選択します
④「カメラロール」(または「カメラ」)を選択します
⑤動画を選択します
⑥「送信」を選択します
⑦チャット内に動画のリンクが貼れたら完了です

まずはチャット相手(コンタクト)を追加しましょう。チャットワークアプリを開いて画面右下のメニューバーから「コンタクト」を選択し、「コンタクトを追加」をタップします。

コンタクトとはチャットワーク内の個人のアカウントのことで、これを追加しないとチャットができません。

①コンタクトを選択・追加します

コンタクトを追加する方法は全部で3つあり、「検索」、「アドレス帳」、「ID」の内から追加方法を選択します。

今回は「検索」を使ってチャット相手を追加しました。検索では名前・チャットワークID・メールアドレスからコンタクトを検索することができます。

追加したいコンタクトを見つけたら、「追加」をタップします。

コンタクトが追加されました

チャット画面を開きます

追加したコンタクトのアイコンをタップすると、チャット画面を開くことができます。

その他コンタクトのプロフィールページを開き、ページ内の「ダイレクトチャット」からでもチャット画面を開くこともできます。

③チャット画面右下の「+」ボタンを選択します

動画や写真を送信したい時は、画面右下の「+」ボタンをタップします

④「カメラロール」(または「カメラ」)を選択します

「+」ボタンをタップすると画像のように各種アイコンが表示されます。その中から「カメラロール」を選択します。その場で撮影した動画を直接納品したい場合は「カメラ」を選択します。

⑤動画を選択します

納品したい動画を選択します。動画は一度に5個まで送信できます。動画時間の長い(容量の大きい)動画を送信する時はアップロードに時間がかかりますので注意してください。

⑥「送信」を選択します

納品したい動画にチェックを入れたら画面右上の送信を選択します。

⑦チャット内に動画のリンクが貼れたら完了です

リンクをタップすると動画が再生できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする